【ネタバレ】エスター!実話?別エンディングある?続編決定?詳しく解説

ホラー映画

orphan

ホラー映画「エスター」のネタバレやあらすじ、実際に見た評価や感想ってどうなの?

この記事では
そんな方のために

  • エスターを無料で見る方法
  • エスターのネタバレやキャストが知りたい
  • エスターの評価や感想を知りたい

このような疑問を解決できます。

 

エスター 予告編

少女姿でありながら、大人の女性としての心を持つサイコパスが巻き起こす、バイオレンスアクション。

哀れな境遇に翻弄された未熟な体と成熟した心。満たされない欲望は歪んだ嫉妬へと変わっていく。

狂気に満ちた破壊と喪失を描いたホラー映画「エスター」の予告編を、是非ご覧ください。

 



 

この作品は一言で言うと、一人の少女によって幸せな家族を破壊されるサイコホラー映画です。

『エスター』はアメリカで2009年に公開された映画で、同年に日本でも公開されています。

 

「この娘、どこかが変だ」

 

この映画のキャッチフレーズからして、一人の少女が何かしらのことを仕出かすんじゃないかと思うことでしょう。

まさに、その通り!この映画の中心となる「エスター」は、変どころではなく、紛れもないサイコパスです!!

 

horror

 

原題は『Orphan』で、孤児という意味を持ちます。養子として温かい家庭に迎えられた孤児、エスターが繰り広げる狂気的な行動には、もはや何も言うことがないくらいビビってしまいます。

最後はまさかの事実を知らされ、どんでん返し的な要素も入れ込まれています

 

結末まで目が離せないサイコホラー映画エスターは、ホラー好きなら1回は見るべき作品。

エスター役イザベルの迫真の演技に驚かされること間違いなしなので、必見です!!!!

 

 

「エスター」はU-NEXTで見ることができます。

 

TSUTAYA DISCASでレンタル

\31日以内に解約すれば完全無料/

 

ホラー映画「エスター」の怖さの評価

orphan

エスターの恐怖点
65点/100点

エスターの評価ポイント

  • エスターのサイコパス具合がえぐい
  • グロ要素は少なめ
  • 人間のイヤな部分を突きつけられる怖さ
  • 子供の無力さと、大人の愚かさが表現されている

ほんとに子供か・・・??と思うほど恐ろしい行動を取るし、人によって表情や態度を変えては人を騙すわ脅すわで、サイコパス要素満載でした。

また、その狂った行動に怖く感じる一方でイライラしてしまう、人間という恐ろしい生き物がうまく表現されています。

 

ホラー映画「エスター」のネタバレ、あらすじの評価

kowai

評価点
70点/100点

はじめにエスターのあらすじを紹介します。

 

ケイトとジョンのコールマン夫妻は、息子ダニエルと娘マックスの5人家族。ダニエルは生意気で元気な男の子です。マックスは生まれつき難聴の障害をもち、家族とは手話を使って会話しています。

そんな幸せな家族でしたが、ケイトは3人目の子供を流産してしまい、精神を病んでしまいます。そんなケイトは、夫であるジョンと話し合い、孤児院で養子をもらうという決断をすることにしました。

その後、二人は養子を探しに、聖マリアナ女子孤児院に行きます。

 

orphan

 

そこでジョンは、ある教室で見かけた一人の女の子に出会います。少女は少し変わった絵を描いていました。普通の子供よりも大人っぽい聡明な印象に惹かれ、ケイトも好感を持ちます。

彼女は、ロシア出身の9歳の女の子で、最初に引き取られた家族は火事で他界したと孤児院のシスターから聞かされ、この子を養子に引き取ることを決断します。

この養子としてコールマン夫妻に迎えられた女の子が、エスターです。

 

orphan

 

エスターは、耳の聞こえないマックスと話すために手話を積極的に覚えようとしたりなど、家族にすぐ溶け込みました。

しかし、時が経つごとにエスターは、ジョンに対して無邪気な子供を演じる一方で、ケイトには挑発的な態度をとるようになります。

常に首や手首にリボンを付けていたり、入浴の時には必ずドアにカギをかけたりなど、一緒に生活していく中で次々と変わった行動をとり、ケイトは不審に思い始めました。

同級生の女の子を滑り台から突き落としたり・・・。ケイトがピアノを教えたがっていたからという理由で、わざと下手なふりをしたり・・・。

 

orphan

 

孤児院のシスターに相談すると、エスターは問題が起きる場に必ずいたり、前に引き取られた家族の火事の件も、エスターが関わっているかもしれないという情報を知ります。

さまざまな事が積もりに積もって、
この娘、どこかが変だ!
ケイトはそう思い始めたのです。

そんなケイトの心配をよそに、エスターはさらに問題行動を起こし、暴走し始めます。

 

orphan

orphan

 

恐ろしい子だと警戒するケイトと、その事を全く信じようとしないジョン。

それはそのはず、ジョンに対しては明るく無邪気な女の子を演じていました。2人の仲を引き離そうとしたり、ついには家族の崩壊を狙おうとするのでした。

 

そして、終盤でやっと知らされる彼女の正体は、
誰にも予想できるはずがない
まさかのことだったのです。

 

ホラー映画「エスター」で怖いと思うネタバレ評価ポイント

kowai

エスターでの怖い評価ポイントは

  • 平気で動物や人を殺すエスター
  • エスターの正体

ズバリこの2つです。
1つずつ紹介していきます。

平気で動物や人を殺すエスター

orphan

何のためらいもせずにハトを殺し、ついには人まで殺すという、マジでサイコパスで恐ろしい子でした。普通に銃を人に向けたり、ナイフを突きつけたり、とにかく怖い。

シスターをハンマーで殴りまくって殺し、
ジョンをナイフで何度も刺すのは、完全に狂ってるとしか言いようがありません。

小さい体をしているわりには、結構なことをするので、より恐ろしく感じました。

エスターの正体

orphan

彼女の正体は、9歳の女の子なんかじゃありません。

32歳の大人の女性でした。記録では、本名はリーナ・クラマーで、子供のまま成長しない病気を患っているそうです。また、彼女は元々精神病院出身で、やはり問題のある患者でした。あまりにも暴れるので、首や手を拘束していたそうです。

その跡を隠すために、首と手首にリボンをつけていたのです。

その精神病院から脱走し、孤児院に引き取られるようになるとは・・・・・・怖すぎる。

確かに子供離れした話し方、立ち居振る舞いでしたね。恐ろしいことも平気でやってしまう堂々とした態度からして、普通の子供ではないなって思いました。

 


ホラー映画のための動画配信サービスについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。


 

DVD特典に別のエンディングがある!?

orphan

エスター [DVD]
■映像特典…(約8分)未公開シーン集/もうひとつのエンディング

貴方は、別のエンディングがあることをご存じですか?

DVDの特典映像としてアナザーエンディングが収録されています。

 

通常・別エンディングのネタバレが嫌な人は飛ばして下さい!!

 

↓↓↓ここからネタバレありです。↓↓↓
↓↓↓ご注意ください。↓↓↓

 

orphan

 

正規のエンディングでは、
ケイトとエスターは死闘の末、エスターは首の骨を折られ冬の凍った湖の底へ沈んでいきます。

 

しかし、アナザーエンディングでは、
エスターが軽やかに鼻歌を口ずさみながら化粧をするシーンから開始します。

 

綺麗に身支度を整えると階段を降りてゆき、警察に見つかり包囲されます。

エスターは全く動じることなく、スカートを広げてあいさつをします。

彼女の顔は傷だらけです。

優雅な仕草で、「私はエスター」・・・と警察に話しかけて、
エンディングシーンは終了を迎えます。

 

画面上の片隅にすら、ケイトとマックスは登場しませんでした。

あえて、彼女たちが救出されたかどうかを描かず、
決定的な結末の行方は視聴者に委ねられているところが、
ちょっとした醍醐味です。

 

このアナザーエンディングでは、コールマン一家は虐殺されたエンドと考えるのが妥当でしょう。

エスターの堂々とした立ち居振る舞いや鼻声の柔らかさで、ケイトとマックスの死を表現したのではないか・・・と、考察してみました。

貴方はどちらのエンディングが好みですか?

 

ホラー映画「エスター」には元ネタがある!?

barbora_skrlova

監督や脚本家からは明言はありませんが、エスターには元ネタが存在するとファンの間では言われています。

それは、2008年1月にノルウェーで起こった「なりすまし事件」です。

実年齢を隠して子供として人を騙していたところが、「エスター」を彷彿とさせます。

ノルウェーの「なりすまし事件」とは?

2008年1月10日、
事件の容疑者である「Barbora_Skrlova(バルボラ・スクロワ)」、33歳の女性が逮捕されました。

チェコ共和国を国籍に持つ彼女は、少しばかり小柄な体格で、あどけない印象を受ける童顔の女性です。

この情報の詳細は、盗んだ情報を利用して13歳の少年「アダム」や13歳の少女「アンナ」になりすましていたという吃驚仰天な出来事です。

彼女はアダムとして身元を偽っている期間、ノルウェーの首都オスロで学校にも通っており、警察に発見されるまでの4か月間ずっと、教師や福祉施設の職員を騙し続けていました。

どうやら彼女は、宗教団体の指導者である父親の方針で、身分を詐称して他人を演じる行為を実行していたのではないかと言われています。

エスターとの関係は?

事件報道は2008年1月で、エスターの脚本が2007年に書かれました。

時期的に見ても、映画の企画や制作の段階で事件報道がされたものと考えられます。もしかしたら、多少なりとも影響を受けている可能性がありえそうです。

しかし、公式はフィクションであると公言しており、監督・脚本家も同様にフィクションだと明言しています。

関連性の有無については、嘘とも真実とも言い切れないでしょう。

 

リアルエスター!?映画そのままのような事件が実際に起きた!

2010年に、米国で映画そのままのような事件が起きたことをご存じですか?

リアルエスター事件とは?

natalia_grace1

2010年、米国インディアナ州に住んでいたバーネット夫妻が、8歳の女の子ナタリア・グレイスを養子として迎えました。

しかしナタリアの月経などに気付いた義母が、骨密度測定で年齢計算を医師に計測してもらうことにしました。
すると、実年齢は22歳という結果が出たのです。

また恐るべきことに、ナタリアはコーヒーに漂白剤を入れたり、義母を就寝中に刺そうとしたりと、サイコパスとも思えるような奇行に走っていました。

それからバーネット夫妻は、ナタリアを残してカナダに移住。それが原因で、バーネット夫妻は育児放置をしたとして逮捕・起訴されることになります。

裁判資料は9歳と記されました。
しかし義母は実年齢は22歳だと訴えます。

2012年に、ナタリアの生年は1989年であると裁判所で決定されました。

現在のナタリアは?

natalia_grace2

2013年に姿を消したナタリアは、現在は別の夫婦の子供として過ごしています

義理の両親であるマンズ夫妻は養子縁組に積極的で、ナタリア以外にも多くの養子が一緒に生活しているそうです。

2016年に、マンズ夫妻がナタリアの生年を2002年に再変更する裁判を起こしますが、結局のところ、生年は1989年だと再確認されるだけに留まりました。

これにより、マンズ夫妻は訴えを取り下げます。

法的には、すでに大人であるナタリアを養子にできません。しかし、マンズ夫妻から実質的な子供として迎え入れてもらい、共に仲良く暮らしているとのことです。

 

ホラー映画「エスター」キャストの評価

orphan

エスターのキャストをおさらいしましょう。

エスターを演じたイザベル・ファーマンの演技は圧巻でした。子供であり、大人でもある2面性の演じ分けには驚かされました。表情の変わり方にはゾッとしましたね。

また、マックス役のアリアーナは、実際に聴覚障害を患っているそうです。このことを知ってから見ると、よりリアルに感じられます。

ホラー映画「エスター」のキャスト

orphan

  • 役名エスター(本名リーナ・クラマー)/イザベル・ファーマン
    代表作品「ハンガー・ゲーム」

 

orphan

  • 役名ケイト・コールマン/ヴェラ・ファーミガ
    代表作品「死霊館」
  • 役名ジョン・コールマン/ピーター・サースガード
    代表作品「17歳の肖像」

 

orphan

  • 役名マックス・コールマン/アリアーナ・エンジニア
    代表作品「バイオハザード ザ・ファイナル」
  • 役名ダニエル・コールマン/ジミー・ベネット
    代表作品「悪魔の棲む家」

 

ホラー映画「エスター」新作映画情報!

orphan18

2020年11月エスターの続編情報を入手しました!

続編タイトルは「Orphan: First Kill」です。

いまのところ、まだ公開日は未定

2020年秋からクランクイン予定

続編「エスター」のキャストは?

isabelle_fuhrman
イザベル・ファーマン

監督は、「デスゲーム」「ザ・ボーイ 人形少年の館」のウィリアム・ブレント・ベル

エスター役は、前作に引き続きイザベル・ファーマンが演じます!

イザベル・ファーマンの身長や見た目は、もちろん年齢相応に大人の外見です、しかし、特殊メイクや遠近撮影を駆使して子供であるかのように撮影するそうです。

 

ホラー映画「エスター」の動画を無料で見直したネタバレ感想と評価

この映画は、エスターは問答無用で恐ろしいヤツなのですが、その怖さを差し置いて、イライラしました。エスターの行動は、見ている側からは全て分かっているので、それに全く気付かないジョンに腹が立ちますね。

 

orphan

 

自分の欲求を満たすためなら子供でも容赦しないエスターですが、ジョンにだけは可愛らしく見せようとして、その思惑通り、まんまと騙されます。

しまいに、ケイトがおかしくなったんだと言い出し始めたところでは、ああ、これはもう救いようがないと思いました。ジョンもいい旦那さんなんですけどね。男はバカだ・・・なんて思ってしまいました(笑)

 

orphan

 

エスターに関しても、自分が子供であるという立場を利用し、ケイトを悪者に仕立て上げ、彼女に対して挑発的な態度をとる、典型的なイヤな女。

しかも、エスターに関する何かを周囲が話している現場には必ずと言っていいほど、コヤツが盗み聞きしてるし。うわ、またいんのかよ!!!ってなりました。

盗み聞きの上手さといい、現場への遭遇率と言い、悪役あるあるですね。

 

orphan

 

同級生に首のリボンを取られて叫ぶエスターにはびっくりしましたね。急に甲高い声で叫びだすものでしたから、コイツついに狂ったかと思いました。

よっぽどバレたくなかったのですかね。まあ堂々と人を殺してしまうくらいですから、バレたとしてもなんてことない気がしますが。

そして、終盤でのエスターが化粧を落とすシーン。アイメークがめっちゃ濃かったので、恐ろしい形相になっていました。

 

orphan

 

ジョンに振られ(?)、泣き叫ぶその姿が見てられない。化粧を取ると、そこにはもう子供の面影はなく、一気に老け顔になったので普通に怖かったです。その顔でジョンをナイフで刺しまくってるから尚更ですね。

こりゃまたすごいなと思いました。ケイトをなんとしてでも殺そうとする執念。池でナイフを突き刺そうとするシーンにはヒヤヒヤします。

ケイト頑張れ!!!そう思いながら見ていたのですが、あの体で大人と張り合ってるから、本物のサイコパスなのでしょうね。絶対に殺してやると言わんばかりのパワーが凄まじかった。

 

orphan

 

このように、この作品はエスターの恐ろしい行動が中心に描かれているわけですが、彼女の心情は全く謎のままで終わります

彼女は最後まで何を考えていたのかよく分からないのですが、ジョンへの態度から見るに、誰かに女性として見られたかったのかなって思いました。

 

まあ随分と狂いまくった行動をしているので、全く共感だったり、哀れむ気持ちなんて、1ミリも感じませんでしたが・・・・

 

これはサイコホラー映画ですが、エスターのホラー的な怖さがありつつも、女の怖さってものを知ることができた作品なのではないかと思いました。

 

エスターのような病気は実際に存在するのか?

orphan19

この作品を見て、ふと思った方もいるかもしれません。

映画の中では、ホルモン異常による下垂体機能不全で、発育が不十分な病気であるとされております。すなわち成長ホルモン分泌不全性低身長症のことを指しているのでしょう。世界中にはごくわずかですが、小人症発育不全といったケースは存在しております。

まさにリアルエスターともいえる事件の存在を決定づけた出来事も確認されています。

その事件とは、アメリカのインディアナ州で養子として引き取られた8歳の少女が、実は22歳の成人であった!というものです。

この少女と思われていた養子のナタリアが、映画エスターのように精神異常を起こして、家族に攻撃的な行動を取るようになったそうです。

しかも、その後、引き取り先である養父母のバーネット夫妻は育児放棄で逮捕される事態に。通報者は、ナタリアによるものだそうで・・・。人殺しにまでいかなかったはいいものの、完全にエスターのような恐ろしいケースですね。

現在は釈放されているようですが、事件の詳細はいまだに謎めいたままで、裁判は続いています。

 

ホラー映画「エスター」のネタバレやあらすじ、評価や感想のまとめ

最後にもう一度、「エスター」の評価や感想、あらすじをまとめます。

  • エスターが狂ってる
  • エスターに騙される周囲にイライラ
  • エスターの人殺しへの執念

映画『エスター』の名の通り、とにかくエスターの恐ろしさを描いたホラー映画です。

エスターは実際にエグい行動を取るわけですが、映像としてはグロテスクなシーンなどは全くありません。人間の怖さがテーマになっているものなので、幽霊が苦手な人にはこのようなタイプのホラー映画がオススメなんじゃないかなと思います。

エスター演じるキャストの迫真の演技にも注目しながら、ちょっとでも気になった方は是非見てみましょう!!!

 


ホラー映画を見るための動画配信サービスの情報

それぞれの動画配信サービスの特徴を比較して、自分の見たいホラー映画が見れるサービスを選んで、ガクブルして下さいね!

 


タイトルとURLをコピーしました