【衝撃!】ホラー映画「ムカデ人間」は実話!?評価やあらすじもご紹介!

ホラー映画

human centipede

ホラー映画「ムカデ人間」の評価やあらすじ、実際に見た感想ってどうなの?

この記事ではそんな方のために

 

  • 「ムカデ人間」を無料で見る方法
  • 「ムカデ人間」のあらすじやキャストが知りたい
  • 「ムカデ人間」の評価や感想を知りたい

このような疑問を解決できます。

 

 

ムカデ人間 予告編

常軌を逸した狂気のマッドサイエンティストの犠牲となり、吐き気を催しそうなほど不快感を感じる姿に変容させられてしまった男1人と女2人の数奇な運命。

 

強制的に部位を接合された彼らは、四つん這いの状態で数珠繋ぎにされた挙句、あたかも飼い犬を調教するかのように扱われ、ことごとく人間としての尊厳を足蹴にされていく。

 

筆舌に尽くしがたい不快感をベースに、身の毛がよだつ戦慄の恐怖をエキセントリックに描いた、オランダとイギリス合作のショッキングサスペンスホラー「ムカデ人間」の予告編を、是非ご覧ください。



この作品は一言で言うと、頭がおかしい映画です

 

2010年に公開された、トム・シックス監督・脚本のホラー映画作品。

 

当初日本ではDVDのみ発売予定でしたが口コミで話題になり、日本でも劇場公開することになったヤバすぎる作品です

 

 

ムカデ人間は、TSUTAYAディスカスでのみ視聴可能です。

 

TSUTAYA DISCASでレンタルする

\30日以内に解約すれば完全無料/

 

 

ホラー映画「ムカデ人間」の怖さの評価

human centipede

ムカデ人間の恐怖点
57点/100点

 

ムカデ人間の評価ポイント

  • 人を繋げてみた
  • マッドサイエンティスト

 

評価ポイントを一言

これを考えついた人は、「頭がおかしい!」・・・、そう思いました(苦笑)

人を繋げて「ムカデ人間」を創造したいなんて、正気の沙汰じゃない。
そういった無茶苦茶な度合が激しく、気持ち悪くて恐怖を感じました。

正直、好みが別れる作品です。

 

ホラー映画「ムカデ人間」のあらすじの評価

human centipede

評価点
60点/100点

まず、この話を考えたトム・シックス監督の頭がおかしいと思わない人はいないのではないでしょうか。
しかしながら、ぶっ飛んだ頭のおかしさが、この作品の魅力でもあります。

あらすじ

はじめにムカデ人間のあらすじを紹介します。
一言であらすじをまとめると救われない胸糞悪い話です。

humancentipede10

シャム双子を分離する難しい手術を成し遂げた名医として有名だった、ヨーゼフ・ハイター
引退後、彼はドイツ郊外の森に豪邸を建てて、優雅な一人暮らしを始めました。

ハイターは、とある願望を抱いています。
それは、彼が今まで行ってきた手術とは正反対の、人間の口と肛門を繋げて「ムカデ人間」を創りたいという、なんとも途方もない発想でした。

humancentipede11

じつは驚くことに、ハイターは密かに3匹の愛犬を繋げ、「ムカデ犬」の創造に成功しているのです。その半年後となる現在、今度は「ムカデ人間」を創造するための材料となる人間を確保するべく、虎視眈々と計画を練っていました。

時間を作っては高速道路から逸れた脇道に車を停めながら、ハイターは獲物となる人間を狙っています。ひたすら獲物を待つハイターは、今は亡き「ムカデ犬」になった愛犬の写真を、涙を浮かべながら眺めており、なんとも不気味な表情です。

そして、連れ去るのに好都合な状況下にある獲物を見つけたハイターは、麻酔銃を手に忍び寄っていくのでした。

humancentipede12

ここでいったん、ホテルの一室へとシーンが切り替わります。

アメリカ人女性のリンジージェニーは、レンタカーを借りて旅をしていました。

オランダからドイツに来た2人は、次はイタリアを目指していました。しかし旅の途中で、いきなり前触れもなくトラブルが起きてしまいます。不幸にも車がパンクしたのは暗闇の森の中で、電話も繋がりません。

そこへ、後ろから黒い車が通りかかります。その車には、見るからに太った中年男性が乗っていました。

humancentipede13

その男性は、あからさまに性的な意味合いを持ってリンジーとジェニーに視線を向けると、いきなり卑猥な言葉を投げかけてきます。

彼女たちはドイツ語が分からなかったので、男性の卑猥な言葉は理解できませんでした。しかし、第六感が働いたのか身の危険を察知した彼女たちは、男性を無視することにしました。

しばらくすると、男性は車に乗って立ち去っていきました。黒い車が見えなくなってから、彼女たちは電話を借りることができる家を探すことにして、救いの手を求めて歩きだしました。

humancentipede14

懐中電灯の小さな光を頼りに、ひたすら暗い森の中を歩くリンジーとジェニー。へとへとになった頃、彼女たちは森の奥に家の明かりを見つけました。その直後、折りしも降り始めた激しい雨で、頭から足先までビショビショに濡れてしまい、急いで家へと向かいます。

ドアフォンを鳴らすと、初老の男性が現れます。

この初老の男性が、危険な思想「ムカデ人間」創造の実現を着々と進めるべく、実験台の獲物となる人間を探し求めている、元名医のヨーゼフ・ハイターでした。

humancentipede15

レンタカーがパンクしたことを説明し、電話を借りたいと頼むリンジーとジェニー。闇夜に現れた彼女たちに、少なからず不審げな様子を見せながらも気の毒に思ったのか、ハイターは、彼女たちを家に招き入れます

彼女たち以外には誰もいないことを確認すると、すかさず玄関の鍵穴に素早くカギを差し込んで、くるりと回しました。

これで、ハイターからカギを奪わない限りは、誰も扉の外に出ることはできなくなったのです。つまり、彼女たちは、ハイターの屋敷内に閉じ込められたのでした。

humancentipede16

ハイターに睡眠薬入りの水を渡された彼女たちは、異様な雰囲気の彼を警戒しながらも、コップを受け取ります。自動車救援センターに電話したように演じたハイター博士は、じきに着くから待つようにと伝えて、二人を騙します。

 

安堵したからなのか、彼女たちは水を飲みながら会話を交わします。ところが、話の弾みで奥さんはいないのかと尋ねられたハイターは、もともとが人間嫌いということもあって激怒します。その様子に怯んだリンジーが、誤ってコップを落としました。

 

いったん席を外したハイターが部屋に戻ってくると、ジェニーは水を全部飲み干していたので、薬が効いて深い眠りに落ち始めていました。しかしリンジーは、睡眠薬の量が足りなかったため気分が悪くなっただけに留まります。

 

薬の副作用で吐き気に襲われて、苦しそうに床を這いずり始める彼女。その時、ハイターに首を鷲掴みにされて引き上げられたリンジーは、うなじに注射器を向けられ、麻酔薬が入った注射針を強制的に打たれてしまいました。

humancentipede17

翌朝、リンジーは手足に違和感を覚えて目を覚ましました。その隣には、ジェニーの姿があります。ジェニーの向こう側には、見覚えのない男性がいます。この男性は、彼女たちが訪れるよりも以前に、ハイターが麻酔銃で仕留めた獲物でした。

 

 

リンジーとジェニー、そして見知らぬ男性の三人は、手足を拘束されて、身動きが取れないようベッドに体を固定されていました。

humancentipede18

彼女たちを不穏な表情で眺めているハイター。そして、いきなり男性に近づいていったかと思うと、おもむろに、体格が違いすぎて適合しないと言い出します。

 

その言い分に正当性などあるわけもなく、意味不明かつ身勝手な理由を主張するハイターは、男性の腕に注射針を打ち込んで毒薬を注入して殺してしまいます。死体は、庭に埋めました。

humancentipede19

実験体を失ったハイターでしたが、間髪を入れず、条件に当てはまる獲物を速攻で運んできます。新たに男性体の第二候補として見つけたのは、母国語しか話せない日本人男性のカツローでした。

 

 

さっそく白衣に着替えたハイターは、実験体の三人にも理解しやすいようにスライドショーを使って、これから行う手術の内容を説明します。その内容は、彼女たちの体をくっつけて「ムカデ人間」にするための施術方法でした。

 

 

一連の手術内容は以下の通りです。

  1. 先頭からA体、B体、C体とする
  2. 素早く動けないよう、膝の皿の靭帯を切除
  3. B体とC体は歯を顎から抜き、逆V字に口角を切開
  4. 尻をV字に切開し、四つん這いの状態で接合する
  5. A体の肛門とB体の口、B体の肛門とC体の口を縫合
  6. 栄養はAが口から摂取、Bを通過してCの肛門から排泄

humancentipede20

 

TSUTAYA DISCASでレンタルする

\30日以内に解約すれば完全無料/

 

明らかにされた手術の全容は、なんとも恐ろしいものでした。この手術が見事に成功すれば、「三つの体が一つの生命体になる」・・・と、ハイターは自慢げに語ります。

 

医学用語で説明されているので難しく、彼女たちにはハイターの言葉の意味の大半を理解できませんでした。しかしスライドショーに映し出されたイラストで、自分たちがどういった状態にされるのか、だいたいのことを察しました。

 

 

ハイターは、まずカツローに麻酔薬を打ち、続けてジェニーにも麻酔薬を打ちます。

その隙を見て、リンジーは逃走を計りました。しかし、見慣れない屋敷内を把握しているはずもなく、迫るハイターを上手く交わすことなど無理というものです。

最終的には、失敗して捕獲されてしまいます。

 

 

怒りを露わにしたハイターは、例えようもない手痛いペナルティをリンジーに与えることにしました。切開部分が多いことにより、3体のうち最も苦痛を伴うであろうB体に、リンジーを選択することに決定したのです。

humancentipede21

手術は無事に成功!

恐るべきことに、なんと「ムカデ人間」が誕生しました。A体がカツロー、B体がリンジー、C体がジェニーです。ほぼ全裸の「ムカデ人間」は、膝・尻・口の周りに白い包帯が巻かれていました。

 

ハイターは、人間としての尊厳を奪っただけに留まらず、さらに「ムカデ人間」をペットにするべく調教を始めます。

 

 

これに対して、カツローは反抗的な態度を取ります。しかし靭帯を切断されている上に、リンジーとジェニーの二人に結合されていることで自由を奪われ、暴れることなどできません。

ハイターは、傲慢かつ威圧的な態度で上下関係を強いることで、歯向かうことができない「ムカデ人間」を躾ようとしますが、上手く行きません。

humancentipede22

そうこうするうちに、C体のジェニーが病気で死にかけていました
代わりが必要だとハイターは考えます。

 

その時、ドアフォンが鳴ります。
警察でした。

訪れた刑事、クランツフェラーは、リンジーとジェニーを探していました。

 

 

急遽、刑事の二人を「ムカデ人間」にしようと発想したハイターは、睡眠薬入りの水を渡します。とはいえ、ハイター博士のことを事件に関わりがあると踏んでいる刑事たちは用心深く、なかなかコップに口をつけようとはしません。

 

そのうち、会話の合間に無意識からなのか、フェラー刑事が二度ほどコップを傾けて水を半分ほど飲みました。しかし、聞き込みに熱が入っているクランツ刑事は、かたわらにコップを置いたまま話していて、一切コップに手を伸ばそうともしませんでした。

humancentipede23

その頃、地下室に置いてきぼりにされている「ムカデ人間」たち。彼らのなかで唯一、口元が無事なカツローが、声の限りに必死に叫んで助けを求めています。

 

しかし、地下にある手術室は防音設備が整っているため、微かな息すらも刑事たちの耳には届きません。

 

 

警戒心を強めた刑事たちに、地下室を見せるように命じられたハイターは、激怒して拒否します。そして、刑事たちを置いたまま部屋から立ち去ったハイターは、地下室の手術室で麻酔入りの注射を仕込みます。

 

ハイターは、刑事二人を取り込んで「ムカデ人間」を四人で連結するという計画を、自慢そうにカツローたちに語りかけます。そして、まだ意識があるというのに何の配慮もせず、既に死期が近いジェニーは切り離して処分するという残酷な話もしました。

 

ハイターが立ち去ると、リンジーとジェニーの二人は互いに手を伸ばして、固く握り合います。しばらくして、隣の施術台に手術用の器具がおいてあることに気付いたカツローは、後ろの二人に声をかけます。

 

三人で協力して少しづつ動いて施術台に近寄り、あらん限りの力を込めて手を伸ばしたカツローは、手術用のメスを手に入れました。

 

一階の応接間に戻ったハイターは、隙を作って刑事に注射針を打とうと企てます。しかし話している時に、つい腕を力強く振り下ろした弾みで、タオルの中に隠し持っていた注射器を取り落し、刑事に見つかってしまいました。

 

 

ハイターに対して、さらに深い嫌疑をかけた刑事たちは、地下室を見せるように要求しました。ハイターが拒否すると、すぐさま捜査令状を取りに署へ戻っていきました。

humancentipede24

才能と努力をつぎ込んだ史上最強の逸品「ムカデ人間」が、世間に発覚してしまうことに対して重大な危機感を感じたハイターは、ムカデ人間を他の場所に移動させるべく大急ぎの駆け足で、滑り込むように地下室に向かいます。

すると、手術室から「ムカデ人間」の姿が消えていました。

 

 

足音を忍ばせながら、恐る恐る「ムカデ人間」を探し始めるハイターでしたが、物陰に身を潜めていたカツローたちに、おもむろに足の甲と太ももに手術用のメスで突き刺されてしまいます。

 

突然の激痛に思わず怯んで叫び声を上げ、床に倒れ込んだところへ、間髪を入れずカツローは襲い掛かっていき、ハイターの首の肉を噛み千切って、吐き出しました。

 

次に、そのまま逃走するべく、「ムカデ人間」の「カツロー、リンジー、ジェニーの三人」は、カツローの掛け声に合わせて移動を始めました。

 

しかし、無理のある結合のため、尻と口と膝を覆っている包帯には動くたびに血が滲み、三人の顔が苦しそうに歪んでいます。

 

 

木造の螺旋階段に血だまりを作りながら、「ムカデ人間」の三人は互いに力を振り絞って登り始めました

しかし、その時、痙攣して体をピクピクと小刻みに震わせていたハイターが、突如しぶとく意識を取り戻します。

自らの太ももに刺さった手術用のメスを引き抜いて、這いずりながら「ムカデ人間」を追ってきました。

humancentipede25

リンジーが、以前に脱走を試みようとした部屋に誘導します。そして部屋に辿り着いた三人は、ベッドサイドに置いてあるデスクライトを力の限りに何度も、窓に叩きつけます。しかし強化ガラスのため、蜘蛛の巣状のヒビが入るだけでした。

 

そこへ、追いついたハイターが手術用のメスを口に咥えて部屋の中に入ろうとしています。カツローは割れたガラスの破片で対抗しようとしますが、唐突に笑い出しました。

そして突然、「・・・神様?・・・神様ですか?」とハイターに呼びかけます。

 

さらに続けて、伝わることのない日本語で、「愛を拒絶して生きてきました。俺は虫けら以下の存在です。でも、これがあなたの与えた天罰だとしても。俺は、人間であると信じたいです」と真剣な表情で語ります。

 

最後に、「ねえちゃんたち。おい、おっさん。奇妙な世界やな、これ」と嘆いて、自身の喉をガラス片で引き裂いて自殺してしまいました。

そこへ、刑事たちが戻って来ました。

それに気付いたハイターは、先頭が息絶えた状態では、もはや助かる見込みがないであろう「ムカデ人間」を、その部屋に残して扉を閉じます。

 

そして、自らは器用に這いずりながら猛スピードでプールへと逃げました。

humancentipede26

刑事たちは二手に分かれて捜索を開始。
クランツ刑事は地下で施術室を発見し、続けて「ムカデ人間」を発見します。

時を同じくして、フェラー刑事は睡眠薬の副作用で吐いていたところを、ハイターに撃たれて死亡してしまいました。

発砲音を聞き付けたクランツ刑事も、フェラー刑事の元へ駆けつけたところでハイターに腹部を撃たれて死亡しました。

しかし、クランツ刑事も発砲しており、銃弾はハイターの眉間を見事に撃ち抜き、ハイターは即死してしまいます。

humancentipede27

次々に登場する人たちが死んでいき、主要人物のハイターも場面から消え去ります。そんななかで「ムカデ人間」は寝室にいました。

humancentipede28

 

カツローは既に息絶えています

humancentipede29

 

ジェニーも病気で息を引き取ります

humancentipede30

たった一人取り残されたリンジーは成す術もなく、ただただ鏡に映った自分の姿を見続けているのでした

 


ホラー映画のための動画配信サービスについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。


 

ホラー映画「ムカデ人間」で怖いと思う評価ポイント

ムカデ人間での怖い評価ポイントは

  • ヨーゼフ・ハイター
  • 助からない

ズバリこの2つです。
1つずつ紹介していきます。

ヨーゼフ・ハイター

humancentipede31

全ての根源、ヨーゼフ・ハイター。
彼の願望が最高にイカレテいて、実行に移していく様子は恐怖でしかありません。

パワフルな行動力がある
さらに、願望を叶えるだけの技術もある

最悪なこと、この上ないですね

助からない

humancentipede32

この話は誰も救われません
それが、この話の面白い所以でもあります。

通常の映画なら、「味方だの警察だのに救いだされて無事に生還」・・・このようなエンディングが想定できます。

しかし、この作品は、一人を残して全員死亡
取り残された人物も、死体と繋がっているので長くは生きられないと考えられます。

もう、どうしようもないラストですね

 

「ムカデ人間」には元ネタがある?実際の話!?

この「ムカデ人間」が実際の話だとしたら、もう最悪です。
しかし、過去に「ムカデ人間」と似た様な話があるという噂があります。

元ネタ!?「経済の呼吸」という本で双子の兄弟が…

freakshow

英泉出版の「経済の呼吸」という本のなかで、「ムカデ人間」の元ネタのような話があると言われています。

1934年ハイチ共和国の豪華客船双子の兄弟を見世物にしていたというのです。

船内では、弟の肛門と兄の口を金属の器具で繋げていたといいます。
まさに「ムカデ人間」ですよね

しかしながら、現在この本はネットで調べても見つからないので、確かな情報であるかは分かりません。また、監督が参考にしたかも確かではありません。

正直これに関しては、実話ではなくデマであってくれたほうが、気分がいくらかマシな気がします・・・。

 

実話!ヨーゼフ・ハイターのモデルとなった人物!?

auschwitz mengele block 10

イカレタ願望を叶えるため行動した「ムカデ人間」のヨーゼフ・ハイター。
そんな彼には、モデルとなった人物がいるのをご存じですか?

ハイター博士のモデル!「死の天使」ヨーゼフ・メンゲレ

これは、ヒトラーの独裁政治が権威を振るっていたナチス・ドイツ時代に起きた出来事です。

150万人以上が犠牲になったアウシュビッツ強制収容所で、ヨーゼフ・メンゲレ医師は、1943年5月30日から1945年1月17日までの21か月間勤務していました。

josef mengele

ヨーゼフ・メンゲレは、アウシュビッツ強制収容所で「死の天使」と言われていました

彼は、アウシュビッツ強制収容所の囚人をモルモットと呼び、残酷な実験を繰り返していたのです

ここで、その実験の一例を挙げてみましょう。

  • 有害物質・病原菌を注射
  • 熱湯に入れて麻酔なしで手術
  • 死ぬまで凍らせる
  • 生きたまま解剖
  • 性器の切除と性転換手術
  • 子供の目に科学薬品を注入して瞳の色の変化の実験
  • 双子の背中同士を合わせ人工の結合双生児を作る

このように、背筋の凍る実験ばかりです。

josef mengele

その後、ドイツは敗戦しメンゲレは逃亡。

医者裁判にかけられることもなく、様々な偽名を使って、戦後35年間を生き延びました。そして1979年2月7日に、逃亡先のブラジルで、海水浴をしている時に心臓発作を起こして亡くなりました。

 

疑問?実際に「ムカデ人間」は作れる?

humanexperimentation01

映画では「ムカデ人間」が完成しました。
しかし、実際のところ、そのような手術は可能なのでしょうか?

恐る恐る調べてみましたら、不可能であることが分かりました。

良かったと安堵したのは、何も自分だけではないはず!

実際には「ムカデ人間」の実現が不可能な理由は?

humanexperimentation02

理由は、いくつかあるようです。

  1. 窒息と肺炎
    肛門と口を結合されている状態だと、無理矢理大便を飲み込むことになり、窒息か肺炎で即死する
  2. 敗血症
    糞尿に多く含まれる細菌が、手術後の傷口から入って敗血症になる
  3. 麻酔
    外科処置のための鎮痛剤の投与や換気の訓練は麻酔医の仕事で、外科医はできない。訓練を受けていない人が薬を使用するのは危険で、薬の合併症が原因で死ぬこともある
  4. 栄養
    大便から栄養を摂るのは難しく、たとえ取れたとしても、最後尾の人に到達する頃には栄養素など欠乏しているので、最悪餓死する

このことから、「ムカデ人間」は不可能ということです。

良かった…!

 

ホラー映画「ムカデ人間」キャストの評価

評価

human centipede

キャストの評価
70点/100点

ムカデ人間のキャストをおさらいしましょう。
ハイター役のディーター・ラーザーの狂った演技が見事でした。

キャスト

ディーター・ラーザー

human centipede

  • 役名:ヨーゼフ・ハイター/ディーター・ラーザー
    代表作品「バルティック・ストーム」

 

アシュリー・C・ウィリアムズ

human centipede

  • 役名:リンジー/アシュリー・C・ウィリアムズ
    代表作品「ウィロー」

 

アシュリン・イェニー

human centipede

    • 役名:ジェニー/アシュリン・イェニー

代表作品「Absent Father」

 

北村昭博

human centipede

  • 役名:カツロー/北村昭博
    代表作品「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」

 

ホラー映画「ムカデ人間」の動画を無料で見直した感想と評価

human centipede

満足度
60点/100点

ショッキングな内容。
好き嫌いが大別される作品だと感じました。

ストーリーに対して、「こうすればいいのでは?」・・・などとツッコミを入れながら見るのは、ちょっと楽しいものがありました。

マッドサイエンティストの演技が上手で、「あぁ、彼は本当に間違いなく狂っている!」・・・と思い、そこが笑えてきました。

全体的に悪趣味だという印象を持ってしまったので、今回の点数は低めです。

気分が悪くなった人もいるので、あまりお勧めは出来ません。

 

ホラー映画「ムカデ人間」の評価や感想、あらすじのまとめ

最後にもう一度、「ムカデ人間」の評価や感想、あらすじをまとめますと。

  • 2010年に公開のホラー映画
  • 口コミで話題になり、映画上映することになった作品
  • 元名医が、自分の願望「ムカデ人間」を創る話です
  • 生理的嫌悪が恐怖に変わります
  • 好き嫌いが別れる作品です
  • 気分が悪くなるような悪趣味な映画が好きな人にはお勧め

この作品に興味をお持ちになりましたら、是非ご覧ください。
吐き気を催すような描写に耐性がある猛者に、超絶お勧めの作品です!(笑)

 

TSUTAYA DISCASでレンタルする

\30日以内に解約すれば完全無料/


タイトルとURLをコピーしました